検索
  • fireflystudio01 佐藤功弥

40代の服選び こんな時だから三越。

更新日:2020年8月20日

連続して百貨店について書くと「百貨店が本当に好きなんだね」としか思われないかもしれないけれど。


私も服が好きで新しい店がオープンするとついフラフラと立ち寄ります。だって似合うかどうか見てみないとわからないですからね。

年甲斐もなくスタンダードな服だけでは物足りなさを感じてしまう多動傾向。

20年前はショッピングといえば一番町が全盛でした。今はやっぱり駅前、いや駅中でしょうか。新しいビルに新しい店舗これにワクワクしない方がおかしい。



私もその一人です。


ビックシルエットのTシャツにオーセンティックなパンツ。最近は男女問わずワークウェア発祥のブランドも多いですよね。

私が20代の頃より大人と若者の服選びの境界線が薄くなったような気がします。

とはいえ、40半ばのおじさんです。昨日キムタクが出ているドラマを家族で

見ていたのですが「俺もう47だぜ」というセリフに驚愕!高一の娘が「やっぱりキムタクかっこいいよね」

との呟きに顎がはずれる思いでした。


そこは例外として、男性はやっぱり年相応というものがあって違和感のない着こなしというのを考えた時に一つの選択肢として浮かんだのがラルフローレンです。

しばらく足が遠のいていたのですが、実際に足を運んでみると商品は現代的にブラッシュアップされていて(当たり前か)普通のシャツ、パンツ、ジャケットがものすごくいい塩梅!(死語)

それはなぜかというと基本的に細身に見えるのですが来てみるとまるで窮屈さを感じないパターンで作られてるからなのかなと玄人っぽい推測。


服が主張せず着る人を素敵に見せる服だと思いました。

ぜひ、お父さんを連れて行ってあげてください(笑)

少しかっこよくなると思いますよ。


さらに売り場を贅沢に作ってあるので、

あまり密にならないのもいいです。

採寸も丁寧ですし、裾上げしても料金がかからないですしね。


前々から言いたかったのですが、仕事を頑張ったご褒美がファストファッションだけでは

味気ないじゃないですか。たまの休日くらい混雑を避けて素敵な服を探しに出かけてみませんか。


72回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示