自社商品の魅力を写真の観点から考える

写真で商品の質感?

​初めて目にする商品ってとても気になりますよね。

これまで目にしたこともないような色使いの服や小物。伝統工芸でありながら現代的な要素を持たせた日用雑貨。大きい物では車や家も作り手の個性が強く現れます。

それは誰が見ても素敵な要素を持った例えるならば花のような商品だと思います。花は大地に根付くものですが家の中でも咲きますし、何よりどんな場所にあっても綺麗なものは存在感があります。

しかし、商品はそのような見た目の個性を華々しく持つものだけではありません。

 

見た目より中身で勝負。

プレーンな食品や工業製品の部品などは見た目以上に千差万別で素材のグレードや職人の技術など目に見えない部分に労力が使われています。

もちろん、それを言葉で言えば伝わる部分もあると思いますがSNSなど写真や動画で情報をシェアする今日にあっては、言葉よりもビジュアル優先となっていることは明白です。

​そこで簡単に写真の使い方を一つの商品をベースに写真を使って説明したいと思います。

1から順を追って写真の違いを説明します。

1.